記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野由悠季の監督術 『機動戦士ガンダム ロマンアルバム復刻版 ロマンアルバム・エクストラ (42)』荒木芳久×星山博之×松崎健一×山本優

『機動戦士ガンダム』

『ガンダム』においてメインライターを務めた方々による座談会。劇場版が公開されて間もないころのため、ムーブメントとしての『ガンダム』から話題がはじまり、自分たちの仕事を総括するなかで富野監督とのディスカッションへと話が流れて行きました。

脚本家4人衆――座談会
「ガンダム」は”来るべきアニメ”の予告編だ!

山本 TVの『ガンダム』やってるころ、富野さんには、わからないならわからなくてもいいんだっていう方法論があったと思うの。そのへんのところで、基本的にぼくらの発想と富野さんの発想の違いが厳然とあったわけだけど……まあ、そういう総監督祖シナリオライターのズレのなかから、濃密な話数もうまれたともいえるが……富野さんをあえて評価すれば、劇場用にする際、さっきいった”わからないならわからなくてもいい”という考え方を映画にするときにも踏襲したっていう点だね。並の監督なら、構えちゃってさ、わかりやすく直しちゃうでしょう。とにかくこのスタイルがガンダムなんだっていうものを決して崩さない人なんだよ、富野さんて。

RA 話は違いますが、皆さんが富野さんのご指名を受けたというか……そもそも、『ガンダム』にかかわったイキサツというのはどおういうものだったんですか。

山本 何度かなんとなく会って、なんとなくやるかやらないかっていう話が出て……(笑)。

星山 そうだよ。富野さんだってこの作品やるためにね、こういうライターが欲しいっていうことはなかったと思うわけ。

山本 絶対そうだよ。この作品をやるためにはアイツとアイツしかいない、なんて、そんな上等なところからスタートしてないよ(笑)。

荒木 でも、松ちゃん(松崎)の科学的頭脳はアテにしていたんじゃないの?(笑)

松崎 それはないですよ。

荒木 ま、この人でなきゃあ、といってもセレクトされたスタッフで始まったのではないことは確かだと思うけど、でも、ほかの番組などと違って自由な雰囲気でやれたということはいえるね。みんな、いいたいことはいったしね。ということは、富野さんがプッとふくれることもケッコウあったということで……(笑)。

星山 いい悪いはべつにして、富野さんて感覚で判断するようなところもあるんじゃない。言葉をかえていえば、若い、っていう部分がね、私もそうだけど。たとえば、荒っぽくいえばね、ま、私らの第一稿を直さないで通そうと思えばそれでいい部分もあるわけだ。適当にね。逆に、私たちの方も、どうぞ直してくださいと笑いながら本を渡すだけで、どう直されても構わないのかもしれない。でも、実際は、富野さんはムキになって直し、私たちはムキになって反論する……みんな若いといえば若いし、青臭いといえば青臭いわけね。でもね、私ははっきりいえることだと思うけど、サンライズの良さは、こういう青臭い部分だと思ってるね。

松崎 シナリオを直す、直さないの対立って言う話がさっき出たけど、ここにいる四人全員は、対立じゃなくって、ケンカまでいってるんじゃない?富野さんと。

星山 私はあってあたりまえだと思うね。

荒木 なきゃ嘘だよ。

山本 ぼくなんか『勇者ライディーン』で、彼と大ゲンカしてる前科者なわけね(笑)。あのとき、もうコイツとは絶対一緒に仕事やらねェぞって、本気で決心したんだ。それがさ、またこういうコンタクトもったわけだけど、『ガンダム』のときの富野さんて、『ライディーン』のころと全然違っていたんだよ。基本的に、「やるぞっ!」っていうバイタリティーというか凄さがあったんだよね。「あ、これは富野さん賭けてるな」って感じたもの。

松崎 一緒に組んでやれば、こりゃ、すごくおもしろいものをつくれそうだねっていう部分が強烈にあったよね。

PA なるほど。で、素材が提示されて、さていよいよシナリオ作成となるんでしょうが、最初からたとえば星山さんが一話担当、松崎さんが二話受け待ち、みたいな四人のローテーションは決まっていたんですか?

星山 それはなかったですね。

荒木 星山さん忙しい?じゃ私が……っていう感じもあったしね(笑)。

松崎 ”気分”は富野さんの十八番ね(笑)。

山本 だって『ガンダム』ってのはイコール気分だからね(笑)。

星山 私はね、担当が決まると、とにかくディテールでぶつかったっていう気持ちするね。たとえば一話ならラストのシャアのセリフ「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを……」ね、私はあの一言だけこだわったんだよね。

RA こだわるというと、星山さんは最初、マチルダさんを長髪にして出したらしいですね。だけど、富野さんは断固短髪に変えたんだと聞いてますけど……。

星山 誰がそんなマル秘事項バラしたの?私はね、マチルダのイメージっていうのは、やはりお姉さん的な色っぽさをたたえた人っていうふうにおもってたわけ。そういう色気というのは、たとえば、長髪が風などになびいたときに、すごく上品な香水の香りがただようっていうような感じだと思ったんだよ。ところが富野さんは、「絵で匂いなど出せないよ!」って……(笑)。

山本 ぼくはね、ララァを決めるとき、絶対インド系だって最初から主張したんだけど、富野さんは金髪のほうがどうのこうのといってなかなかのってくれなかったんだよね。ああ、こりゃダメだなって思ってたら、安彦さんが描いたララァはナントやっぱりインド人だったからね、うれしかったな(笑)。

星山 私は意見が一致したり、誉められたことあんまりないなァ(笑)。

荒木 だけどさ、ゴマするつもりじゃないけど、一話でアムロがパンツはいて出てくるでしょう。あれには驚いたな。星山ってスゴイ奴だと思いましたよ(笑)。

星山 コロニーうんぬんていうときにパンツという発想は、普通しないでしょうね(笑)。

山本 宇宙空間にパンツというのはさ、要するに、星山ちゃんはSFの知識がないからなんですよね(爆笑)。

松崎 優さん(山本)は四話にかなり力を入れたんじゃない?

山本 いや、あれは不満があるんだ。本当いうと気合が入ったのは十話「ガルマ散る」だな。ぼくはね、ガルマにせよイセリナにせよ、もっとナイーブにセリフを扱っていたわけ、ところが、出来上がったものは宝塚チックになってね。とくにイセリナのリアクションがね……ぼくはもう恨み骨髄なんだよ。あの点は。富野さん、ナイーブさがわかってないじゃないかって思っちゃったね。イセリナが木陰に行ってさ、ヨヨと泣く……ヤダヤダ宝塚はヤダ!(笑)

星山 そういえば、『ガンダム』のなかで、あの話数だけがいかにもつくったって感じがするな。

山本 そうなんだよ。さもつくったっていう意図をみせないのが富野作法なんでしょう。ぼくがナイーブにやってるのに、なぜ作法にあてはめないのか。ぼくが右っていえば左、左っていえば右。富野さん、ぼくに何か恨みもってるんじゃないかと、ぼくはやたら怒ったね、あのときは(笑)。

星山 そういえばさ、思うんだけど、『ガンダム』のキャラってみんなよくできてたんだけど、あのイセリナだけがね……。絵だって、安彦さん本気で描いたのかなって思えるほど俗っぽいしさ。

荒木 イセリナだけ浮いてるのね。

星山 人間性を感じないんだよ。

荒木 富野さんって、男の世界を描くときっていうのはすごく執念を燃やすんだけど、女の場合は照れちゃうのね。

星山 そう?私もそうだけど、富野さんて女を描くとき観念的になるんじゃない?

荒木 観念的?男が女を描くときには臆面もなく、理想の女性像を思い浮かべればいいと思うわけ。イセリナはそう描かれてなかったから問題が生じたんですよ。

星山 ウーン。そういえるのかなァ。でえもねェ、優さんなどと話し合うときにね、この男はどの女を愛するかっていうようなディスカッションを良くしたよね。ブライトだったらフラウと関係するか、ミライと親密になるのか、とかね。もっとも、こう言う話し合いをすると、富野さんは決まってイヤな顔をしたけどね。彼、生臭い関係って嫌いなのかな。

荒木 いや、避けるんじゃなくって、嫌っているんじゃないの?いずれにしてもね、極端にいえば人間を描くってことはさ、男と女の関係でまずディスカッションしていくことも必要じゃないかと思うわけ。


固有名詞の多様、”腹芸”とも評される探り合いのドラマ、予測のつかない会話劇。定石のドラマ構造から逸脱した富野作劇はときに難解とされ、ボトルネックのそしりを受けることもあります。最新作『Gのレコンギスタ』ではタイトな作りがそれに拍車をかけ、賛否両論になったことは記憶に新しいところです。「ファーストガンダムの頃はできていたドラマ構成が、今の富野監督には出来ない」といった勇み足の批判も散見されましたが、すでにこの頃からスタイルとして確立されていたことが山本氏の証言からうかがえますね(「初代ガンダムは分かりやすかった」なんて嘘っぱち? 当時のアニメ雑誌記事より )。では、なぜこの”わかりにくい”『ガンダム』が大ヒットしたのでしょうか。山本氏は次のようにも分析しています。

山本 ウン。また、富野さんだけじゃなくてファンもまたシタタカなんだよ。”わからないならわからなくていい”っていう富野思考をすごく理解しているっていうか……”わからないなら自分たちで補えばいい”と思っているんだね。そして、こういうファンの決意みたいなものが、『ガンダム』を持ち上げてきた部分だと思うしね。(以下略)


”わかりにくい”作りは一見、視聴者のリテラシーに依存した文芸映画の方法論にも見えます。しかし、受け手側の”わかるように自分で補う”視聴スタイルは文芸映画のそれではありません。ミッシングリンクを埋めることで自分だけの作品感を手に入れることができ、共同で作品を完成させていると錯覚させる一体感とでもいいますか、これが思い入れの強さとして根強い支持につながったのではないでしょうか。このあたりは、いまでも語り草になるTV版と映画版の違いの話などにもつながってくると思います。
ただ、ファンのアプローチを前提とする作劇というと、現在、同人活動なども視野に入れたコンテンツなどで広く見受ける作りに感じる方もいるかもしれません。私はそれとは一線を画すと思います。ライターの性的な部分に踏み込んだキャラクター創作を嫌がるエピソードなどは、ファンの自由な解釈を認めてはいつつも、富野監督のなかで確固たるキャラクター像ができあがっているからこその拒否感ではないでしょうか。「ブライトはそんな男じゃないよ」、と。故に”素材”としてのキャラクターの強みはなく、同人活動も低調なままなのが現状です。無論、良し悪しの話ではありません。
そんな作り込まれた内面を持ったキャラクター達のなかで珍しく記号的なイセリナは、確かにキャラクターとしては沈んでしまっています。戦場の血なまぐささと対比をさせるための”役割”だけで作られた感が否めません。ガウで出撃する鮮烈なシーンこそあれど、人間的な生々しさは感じられず、内面のないキャラクターを使いこなすことができないことを露呈させてしまったともいえるでしょう。
ララァなどは逆に、ニュータイプという観念論をセクシャリティーでバランスをとった成功例として上げることができると思いますが、インド系の設定を渋っていたのは興味深いですね。『ガンダム』ではテレビコードによって黒人が出せなかった背景があり(本書の高畑勲Vs富野喜幸対談にて)、下手をすると白人と日本人だけの狭い絵面になってしまいかねないところを救済する意味において、ララァの設定は大変有効に機能したと思います。のちに『Vガンダム』のシャクティや『ガイア・ギア』のエヴァリー、『Gのレコンギスタ』のラライアなど褐色のヒロインを生み出していくわけですが、自身のこだわりだけに頼らずに、他人のアイディアを積極的に使うことで作品の糧とする割り切りは、頑迷な作家主義に陥らず現役を続けられる秘訣だといえますね。まあ、単にツンデレにもみえますが。

ララァ

『機動戦士ガンダム大事典―一年戦争編』 (ラポートデラックス)より富野監督によるラフスケッチのララァ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。