記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

富野由悠季の監督術『ターンエーガンダム (Vol.2) ニュータイプ100%コレクション 』

『∀ガンダム』続刊のVol.2にて、再び「スタッフの視点から」よりの抜粋です。監督の指示だけではなく、スタッフの提案箇所も監督の仕事を判別するために引用したいと思います。第28話 託されたものあと、胸に核弾頭を入れた後、片足で体を揺する∀の演技は、富野監督がずっとプールでトレーニングしているところからの発想だそうです。肝心の核弾頭ですけど、前回お話したように、富野監督としてどうしても核は入れたかったらしい...

続きを読む

富野由悠季の監督術『ターンエーガンダム (Vol.1) ニュータイプ100%コレクション 』

『∀ガンダム』本書の各話紹介に添えられたコラム「スタッフの視点から」より、指示が明確な箇所や脚本の変遷を伺える箇所を抜粋していきたいと思います。第1話 月に吠える物語の発端で川からロランが流れてくるというのがありますね。それで、第一話からヒーローとヒロインの裸が登場したわけですけど、これは富野監督が今回は身体性ということを強調していたせいですね。何でも肌色が見えると人は安心するんだということなんです...

続きを読む

読むアニメ技術 『「ホルス」映像表現』

巨匠高畑監督が自作を技術面から語る特殊な本です。アニメーション技術というよりは映像としていかにアニメーションの特性を生かしていくかという意識で書かれており、一般的な映像論としても有効です。ときにカメラワークや作画技術はセリフ以上にテーマや人物の心情を語っているときがあることを大変ロジカルに論証されています。ただ、引用はあくまでもアニメ技術にまつわる箇所にとどめます。ここに収録した狼との闘いや怪魚退...

続きを読む

富野由悠季の監督術 『機動戦士Vガンダム〈VOL.2〉¨USO’S BATTLE (ニュータイプ100%コレクション)』坂口大助

『機動戦士Vガンダム』アニメ業界ではアフレコに立ち会う演出家は少数派とされるらしく(※『機動戦士ガンダム (ロマンアルバム・エクストラ―アニメージュ・スペシャル (35)』富野×永井対談での富野発言より)、その意味でも特異な監督でもあるわけですが、アフレコにまつわるユニークなエピソードも少なくないようです。――演じるにあたって、富野監督から何か注文はありましたか。「”明るく元気な少年を”と言われただけです。監...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。